Sample Image

植物性プラセンタ

プラセンタは胎盤のことですが、実は種類がありますが、大きく分けて3つに分類されます。

・動物性プラセンタ

動物性プラセンタのほとんどは、豚由来、馬由来、羊由来になります。
サプリメントやドリンク、化粧品や注射など摂取方法もいろいろです。
人由来のプラセンタもありますが、これは主に医療分野で使用されています。


・海洋性プラセンタ
海洋性という名前からも想像できるように、海の生き物から採取します。
主に魚由来になりますが、魚には胎盤がありません。
しかし魚の卵巣膜には、プラセンタと良く似た成分が含まれています。
動物性のプラセンタに抵抗を持つ人が、海洋性のプラセンタを好む傾向があります。

・植物性プラセンタ
海洋性のプラセンタと同じように、植物にも胎盤はありません。
この場合は芽が出る部分の胚芽から抽出したものを、植物性のプラセンタとしています。
動物性や海洋性のプラセンタに比べて、クセも少なく農薬や有害物質などのリスクも低いことから
より安全性の高いものをと考える人に好まれています。
動物由来や魚由来のプラセンタと比べても、アミノ酸やコラーゲンなど
美容に欠かせない成分が豊富に含まれます。
植物性のプラセンタのメリットとして、大豆由来のプラセンタには女性ホルモンとよく似た働きをする
イソフラボンが豊富に含まれます。
女性らしさをキープするためには欠かせない成分ですね。
ただし動物の胎盤にある、胎児を育てるための成長因子は含まれません。

プラセンタが何由来なのかによっては、それぞれに特徴もありますし、
メリットやデメリットになってしまう部分もあります。
また人にすすめられて始めたとしても、どのプラセンタの種類が自分に一番合っているのかは
人によって差があります。
選択肢は豊富なので、じっくり試して比較し、自分に一番合っていると
思えるものを選ぶことも大切ですね。
サプリメントやドリンク、化粧品など形もいろいろなので、
無理のない範囲で毎日の生活に取り入れられるものを探してみましょう。
また、こちらには美容や健康に良い青汁についてのサイトがありますのでご覧ください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 utsupura All Rights Reserved.